【ハチナイ】SSR塚原<心頭滅却!> 代打特化って案外強いのかも?

満を持して登場のSSR初登場の塚原さんですが、「代打特化」という非常に特殊な存在として登場しました。

これまでハチナイでは代打の試合での貢献度は非常に低かったので、スタメンで使えないと失望している塚原ファンの方も多いようです。

ですが、私個人としては代打特化の塚原にかなり期待感を持っています。対人戦ではかなり強いのではないかと予想しているところです。

今回は、代打特化の塚原は強いのか?を考えていきたいと思います。

実際に塚原さんを使って検証しているわけではなく、間違った内容をお伝えしている可能性も否定できないので、その点はご注意をお願いします。

スポンサーリンク

代打特化ってどういうこと?

今回の塚原さんのスキルは、詳細なスキル説明は省きますが、大きく分けて2つの効果があります。

・代打のとき打ちやすくなる

・代打のとき相手投手のスタミナを減少させる

大半のスキルは自分の打席のときに打撃系能力が上がるという前者の効果ですが、固有スキルの「火もまた涼し」は、「代打のとき相手投手のスタミナ減少量を超絶に上昇させる」という後者の効果です。

「スタミナを超絶に減少させる」と書けばよさそうなものですが、日本語の言い回しはちょっと謎です。スタミナの最大値は下げないが現在値だけ下げるという効果だからこういう説明になったのかも。

代打はしょせん1打席のみ、代打でいくら打ちやすくなってもたかが知れてます。一方で投手のスタミナを下げればその後の投球に影響が大きく、後半一気に畳み掛けることができるのではないかと期待しています。

今回はこのスタミナ減少を中心に書いていきます。

相手投手のスタミナが下がるとどうなるの?

スタミナは最大値から投球するにつれて徐々にスタミナ現在値(残量)が落ちていきます。これによる投球への影響は主に2つが上げられています。

1つ目は継投の判定です。スタミナが一定以上に落ちていると継投が早まる可能性が上がります。先発が5回までで交代するか、6回まで投げるかの違いはスタミナ残量にあるようです。

2つ目は投球のパフォーマンス低下です。スタミナが下がるほど、球速もコントロールも下がって炎上の危険が上がります。こちらの方が影響としては大きいでしょうね。

ハチナイTVでレオンくんが「スタミナが減れば減るほど全ステータスが下がる、へとへとな状態になってしまうと、球速ももう半分ちょいくらいしか出ない」という風に話していました。この話し方から、スタミナ残量0のとき最大50%まで球速・コントロールが下がるのではないかと予想しています。

スタミナに関するレオンくんの話はハチテレ12回の2分10秒あたりからを参考にしてください。

スポンサーリンク

SSR塚原はどんな風に使うのがいいのか?

ズバリ、相手中継ぎ投手を狙ってスタミナデバフを当てたいところです。

代打の出るタイミングからいって、先発にデバフを当ててもすぐ交代されちゃいますし、抑えは9回になるまで出てこないのでわざわざスタミナを下げる意味はないです。

中継ぎの交代直後に塚原を出し、その後8回(抑えいない相手なら9回)までチャンスを継続させるというのが理想的な使い方です。中継ぎは先発と比べてスタミナが低く、スタミナ上昇スキルもほとんどないので、デバフの効果がてきめんに現れるのではないかと思っています。

中継ぎ継投のタイミングで代打を出すには

(この部分は「おそらくこうなる」という予測を含みます)

ベンチメンバーを「中継ぎ投手、抑え投手、塚原(代打)」にしていると、おそらくは塚原は抑え継投のタイミングでの代打になってしまいます。

中継ぎ継投のタイミングで代打を出すには、抑え投手を抜く必要があります。

「中継ぎ、塚原(代打1)、別の野手(代打2)」のとき、抑え継投がないので中継ぎ継投のタイミングで代打が出ます。ただし、ここでちゃんと塚原が代打に出てくれるのか??少し疑問です。

相手中継ぎにデバフを当てるには

相手の中継ぎ継投より後にこちらが継投する必要があるので、注意するポイントは大きく2つ。

・スタミナの高い先発を使う、スタミナを上昇させる効果を持つ鉄壁の内野陣などのチームスキルを発動させる。

→スタミナが高いほど、先発が6回まで投げる可能性が上がります。

・先攻を取る(相手に先に投げさせる)

→相手と同じイニングで継投する場合でも、先攻なら中継ぎに対して代打を出せます。対人戦では先攻後攻はランダムですが、ランキングマッチで何度も試合できるような場合は、対戦相手ごとに先攻後攻が決まっているので、メモしておけば先攻が取れる相手を狙って試合することが可能になります。

また、そもそも相手が中継ぎ投手を使っていない場合(先発のみ、または先発&抑えのみ)は、確実に先発にデバフを当てられます。

現実はそこまで甘くない??

ここまで書いたとおり、私はかなり代打塚原に期待を寄せています。

ですが、実際にうまくいくかは少し疑問です。

そもそも、代打は投手に対してしか出ないので、継投する直前の攻撃イニングで投手に打順が回ってくる必要があります。1イニング4~5人くらい打順が回るとすると半分くらいの確率でしょうか。いろいろお膳立てしても実際に代打が出るのは半分は代打が出ない、というのが現実かもしれません。

成功したときのメリットを考えると、下手な全体バフ要員をベンチに入れておくよりは有効な可能性があるかも。

SSR塚原を持っていない状態で語るのはこのへんが限界なので、あとは実際に使ってみた人の感想によると思います。検証したいから早くうちに来てくれないかなあ。。。

以上です。冒頭でも書きましたが、今回の情報は見当違いのことを書いている可能性が否定できませんので、その点はお気をつけください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする