【ハチナイ】デレスト動画あり/踏み出す勇気で「煌星の絆」を取ろう

今回は、「星に願いを」の特効スキルの一つである、「煌星の絆」をデレストで取る解説をします。星に願いをを攻略するには「煌星の絆」を複数人に覚えさせる必要があるので、何度もデレストを周回する必要があります。

デレストの中では特別に難しいスキルではないのですが、各属性のカードをバランス良く編成する必要があるのでコツをつかむまではなかなか苦戦します。

始めたばかりの人でも参考になるように、SSRはあまり使用しないような編成でプレイ動画を紹介しながら解説をしていきます。

煌星の絆を取るために必要な条件

煌星の絆はデレスト「踏み出す勇気 変わる想い」で取得でき、絆の証を各属性44個ずつ必要になります。

このうちバランス型の特訓で各41個集められるので、以下の各属性の特訓で残り3個ずつ絆を集めればいいことになります。

花:
<固定>1話九十九(2個)、3話九十九(Lv2まで/計3個)
<ランダム>1話ランダム直江(2個)、2話新田(2個)、3話花山(2個)

蝶:
<固定>2話逢坂(Lv2まで/計5個)、4話柊(2個)
<ランダム>2話坂上(2個)、3話椎名(2個)

風:
<固定>1話阿佐田(1個)、2話月島(Lv2まで/計2個)、3話阿佐田(Lv2まで/計2個)、5話近藤(2個)
<ランダム>1話永井(1個)、2話秋乃(1個)、3話仙波(1個)

プレイ途中で残り必要な数が把握できるように、紫特訓以外で取った絆の証の数をカウントしながら進めるといいでしょう。

また、なんJWikiにデレストの詳細な特訓テーブルの解説がありますので、こちらの見ながら進めるのもおすすめです。

踏み出す勇気変わる想い デレスト特訓テーブル(@なんJ Wiki)

ちなみに煌星の絆はらいと版デレストでも取得できるようですが、開催期間が限られています。

デッキ編成

まず、肝心の紫特訓を落とすのは絶対に避けたいので、月5枚くらいは欲しいところです。

花・蝶・風の3属性はバランスを考えながら各属性1~2枚入れます。

有効なのは、☆3メニューを複数持っているカード、ゼリーパンを持っているカードあたりです。もしサポーターか手持ちにぴょん太焼きを持っているカードがあれば積極的に使いたいです。

初心者の方には少しハードルが高いのですが、ミナゲンキも1枚欲しいところです。ミナゲンキはおこづかい野崎、おこづかい有原、スカウトSRの鈴木(図書館)の3枚が持っています。

参考プレイの編成はこんな感じ。

花:SSR有原(☆3練習複数)
蝶:SR新田おにぎり(☆3+ゼリー)
風:おこづかい野崎(☆3+ミナゲンキ)
月:イベ野崎(ゼリー)

あたりが便利なキャラです。それ以外はかなり適当に選んでいます。

編成に関してお詫び

純SSRをなるべく使用しないというコンセプトながら、SSRの有原を選んでしまっています。代わりにサポーターは強くないカードを選んでいますのでお許しを。

花SSR有原を持ってないという方も多いと思いますが、有原の代わりに月の適当な投手(SR塚原など)にし、サポーターにはかなりよく見かける花SSR有原を選んだということにしていただければ、同じような編成でプレイできます。

スポンサーリンク

プレイ実践編

実際にデレストプレイした動画はこちらです。

各話ごと、ポイントとなるところを解説します。

1話

1話は手札が弱いので全部こなすにはある程度運も必要になってきます。赤や緑は2話以降挽回できるのでだめそうなら諦めて、紫特訓を逃さないようにしましょう。

2話

冒頭の黄色ここちゃんがポイント。黄色はここちゃん以外にはランダムと4話しかないので、できればここで取ってしまいたいです。特訓はレベル2まであるので、少ない黄色カードではクリア困難ですが、ミナゲンキを使って使用済みの黄色カードが引けることを期待します。

2話にはハマりポイントがありました(現在は修正済み

初瀬(紫)、逢坂(黄)、ランダム坂上(黄)がいる状態で残り8ターンを迎えたとき、ランダムの新田(赤)が登場すると練習可能キャラ4枠が埋まってしまい、同時に登場するはずの宇喜多(紫)が登場しなくなってしまいます。通常プレイであれば初瀬をさっさとクリアするなりして空きを作るのですが、各属性混合デッキだとそれも難しいです。できるだけここちゃんを早めに終わらせるように意識するくらいしかないです。

2018/2のアップデートでランダム坂上(3ターン)の登場ターンが残り9ターン時から残り11ターン時に早まりました。残り8ターンにランダム新田と宇喜多が登場するときには坂上は引っ込むので、宇喜多が登場しないということがなくなりました。

後半は緑特訓タイムになります。宇喜多の残りの特訓をクリアしつつ緑特訓をこなしていきます。

3話

冒頭の赤九十九が特訓レベル2まであるので難所。赤メニューを追加しつつ、ミナゲンキがうまく働くことを期待します。参考プレイ動画では九十九のレベル2は逃してしまいました。ここで九十九を逃してしまう可能性があるので、1話冒頭の九十九やランダムの赤特訓は可能ならクリアしておきたいところです。

それ以外は紫特訓と、後半の緑特訓をこなすだけです。出てきたものをランダムまで完璧にクリアしようと思うとターン数が足りなくなってしまうことがあるので油断は禁物。

目標達成している色の練習は深追いせず、目標までに必要な色の特訓や絶対に逃せない紫特訓に集中しましょう。

3話終了時点で絆の証が各39あれば、あとは試合で勝てばOKです。黄色と緑の絆は37以上あればまだ4・5話で挽回のチャンスはあります。

4話、5話

4話で黄色、5話で緑の特訓をクリアするチャンスがありますが、ターン数も短く、手札も各色バラバラになっているので、クリアできるかは運次第です。

3話までに逃した絆の敗者復活くらいのつもりに考え、あまりここは当てにしないほうがいいと思います。

また、赤に関しては3話までに失敗してしまうと敗者復活の機会もないので黄・緑より注意を怠らないようにします。

以上です。

デレストを解説するのは苦手なのですが、もし参考になっていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする