【ハチナイ】セサ原さん、ランクマでもボーナス6%で大活躍

ここ数回ランキングマッチのボーナス選手の傾向として、

選手本人のボーナス率 + ピンクスキル個数によるボーナス率

という方式が採用されています。

この方式において、どの選手をスタメンに入れるべきか考えてみようと思います。

スポンサーリンク

最近のランキングマッチのボーナス選手の傾向

ボーナスの選手は毎回変更になるので、詳細は開催ごとのランクマの説明ページを見るのが詳しいですが、だいたいのボーナス率としては、

・直近のガチャSSR選手 → 計6%
・一部のガチャorイベントSR選手 → 計5% ~ 5.5%

・通常のSSR選手 → 計5%

という感じになっています。

スタートダッシュスカウトの3選手(おこづかいで交換できるSR有原、河北、鈴木)、強豪・激闘イベントの初期レアリティNの選手も通常のSSR選手と同じ扱いです。

ボーナス選手は使うべき?戦力的に微妙じゃない?

せっかくのボーナス選手なのでぜひ編成に組み込んで試合しましょう!・・・といいたいところですが、正直これって使う?と疑問に思っています。

SSRのボーナス選手も通常のSSRと1%しか差がありませんし、SRに至ってはSSRとほぼ同じです。であれば、普段のスタメンでぜんぜん問題ないのでは?と思ってしまいます。

SSRのボーナス選手なら、チームスキル的に大きく足を引っ張ったりしなければ採用してもいいとは思います。問題はそもそもガチャでなかなか出ないってのと、引けたとしても即スタメンに入れて問題ないとは言い切れないところです。

普段チームスキルを考慮して組んでいる人ほど、ボーナスの選手に入れ替えたときにステータスを維持するのは困難です。当然ランクマでの勝率も下がってきます。スタメン採用は対戦相手ボーナスが上限まで上がってからでも遅くないような気がしています。

SRの選手の場合、戦力的に劣るうえにボーナス率もたいしたことがないので、使うメリットが小さいわりにデメリットが大きすぎます。SSRの層が薄い人のための救済と考えるべきかもしれません。

スポンサーリンク

通常よりピンクスキルの多いセサ原さんはすごい

SSR選手はすべてピンクスキル4つ(奥義以上)+青スキル2つ(極意)という構成になっています。

ですが、例外として【十人十色の流れ星】有原、通称セサ原さんだけピンクスキルを余分に2つ多く習得できます。

「煌星の絆」と「オリオンの勇姿」は、激闘イベント用の専用スキルのため、ランクマでは発動しませんが、ボーナス率としてはきちんとカウントされます。ピンクスキル6個搭載で、ボーナス率6%と、通常のSSR(5%)よりも1%高いのでおすすめです。

ピンクスキル6個付けられるのは今のところセサ原さんだけです。

極意スキル2つ抜いた状態になる分、通常のSSRよりは少しだけ見劣りしてしまいますが、SR選手を使うよりはずっといいですね。

ポジションも内野すべて◎(それ以外は○)なので、チームの状況を問わず組み込みやすいのがメリットです。

通常セサ原とランクマ特化セサ原の2枚持ち

セサ原のピンクスキル6個は、発動しない無駄スキルが2つあるので、通常の使用であればピンクスキル4個+極意2個のほうが戦力が高くなります。

ランクマのときだけデレストを回して極意2つをピンクスキルに切り替えてもいいのですが、ランクマ開催ごとに切り替え、終わったら戻すというのはかなり面倒です。

普段セサ原を使う人であれば、セサ原を2セット用意して、通常用とランクマ用で育成しておくといいでしょう。

強豪・激闘イベントの中では、今のところセサ原のみ、手間さえかければ何人でも育成可能ですが、無課金~微課金の人にとっては手間をかけるだけの価値はある選手だと思います。

以上です。

今回は小ネタという感じで、知ってる人にとっては面白みのない情報だったと思いますが、自分のまわりではあまり活用している人は少ない印象でした。

セサ原イベントの攻略については過去の記事を参考にしてみてください。

「星に願いを」のイベントは普段のイベントと比べて特別な準備が必要だったり、ちょっととっつきにくいように思います。 「復刻してるけど高難...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする