【ハチナイ】ホームランイベントの攻略、私の打撃成績をまとめてみた

これを書いている今、ホームランイベントが開催中です。

不定期開催ですが、ポテンシャルを上げるドクターベアマックスを稼ぐイベントなので積極的に周回している方も多いと思います。

今回はHRイベントの打撃成績を見ながら、どんなキャラが適しているのか考えてみます。

ホームランイベントの概要

鉄壁高校とかいう守備に特化したチームからどれだけホームランを打てるか競うイベントです。

鉄壁高校はどのステータスも最低レベルに低いのですが、謎の才能で守備力がめちゃくちゃ高くなっていてヒットもなかなか打てないようになっています。

ホームラン1本につき5000ポイント、1試合で25000ポイント(5HR)以上でA熊ことDrベアマックス(A)が確定。それ以下だとポイントに応じてランダムでベアマックスのCやEがもらえる感じです。

Drベアマックスが稼げるイベントは他に同じく不定期開催の鉄壁イベントがあります。どちらを集中的に回るかはお好みですが、個人的にはホームランイベントのほうが稼ぎやすいですね。鉄壁イベントは完璧に守ってもA熊がもらえないことが多いので、条件さえ満たせば確定でもらえるホームランイベントのほうが好きです。

戦術か、オートか

戦術機能には強振という長打を狙うコマンドがあるので、戦術機能を使うのはありですね。強振はレベルを上げていればかなり長打を打つようになります。

あとは、ちょっと応用的な使い方ですが、戦術機能でしかできない細かな交代を駆使して打撃がいまいちな投手枠にパワーバフ要員を入れるなどのやり方もあります。

戦術機能の活用方法については過去に公式さんが動画で解説していましたので紹介しておきます。戦術の細かい仕様についても触れていますので見たことない方はぜひ。

戦術機能はメリットばかりではなく、デメリットもあり、ベンチ左3枠のスキルが発動しなくなるので、ベンチバフを優先したい場合はオートモードですね。

私はオートモードでやっています。A熊を集めるのに何百試合もやる予定だったので戦術は時間と手間がかかりすぎるのが問題でした。少しくらい成功率が下がっても回数でカバーすればいいだけなので自分にはオートのほうがあってますね。

スポンサーリンク

私のホームランイベント編成

これです。

この編成でHR5本以上がだいたい4割くらいはできていたと思います。元気上限116・ドリンク約10本でA熊100匹増えてましたので。

スカウトSSRはスタメンでは浴衣岩城とフェス限近藤くらいであとは長くやっていれば誰でももっているというような選手が中心です。

全体的に調子が非常によいですが、これはタウンマップのおみくじで大吉を引いたからです。大吉まじですげえ(調子普通以下が3段階向上で、好調と絶好調だけになりました)。

こういうイベントは調子のいい日にまとめてやるのが効率的ですね。

チームスキルについて。
花染めはパワーの伸びが他属性よりも高いです。もし質の高い選手で花染めができれば大きなパワーバフが得られると思いますが、いないものはしょうがないです。

いちおう月属性で345番パワー4200や、ジグザグ、ベンチの余ったメンバーで球春チームスキルなどいるメンバーで組めそうなものは取り入れています。

実は、「多少質が落ちても花染めがいい」と聞いていたので最初は花染めでやっていましたが、あまりにもHRが打てなかったため、染めは諦めています。うちには花のフェス限がいませんので花染めレベル4はそもそも無理ですし、そういう場合はあまりこだわらなくてもいいと思います。

チームスキルを諦める代わりに重視したのはHR率を上げるスキルの有無と、パワーの全体バフスキルです。

HR率を上げるスキルについて。
汎用スキルでは「FB革命の○○」が特に強力です。恒常で発動し、HR率とパワーが両方上がるので汎用スキルの中では効果が一番高いです。

「一発の○○」は効果が小さく極意や心得では発動確率が低いのが難点。「アベックHRの○○」は前打者がHRのときという条件が厳しく、強打者の後ろに置いても発動率10%そこそこくらいにしかならないのでちょっと割に合わないです。ホームランイベントですら割に合わないと感じるくらいですから、アベックHRは普段の試合では足を引っ張っているというレベルだと思います。

汎用スキル以外に固有スキル・才能でHR率が上がるスキルがいくつかあります。ランクマ報酬の花SR近藤はHR率が上がるスキルが3つもありますのでこのイベントのためにいるような選手です。

うちの編成だと、SR永井とSRいろは(球春)がFB革命持ち、月フェス限近藤とSR近藤と強豪泉田が固有のHR率スキル持ちです。

パワーの全体バフスキルについて
まず、蝶属性「学校でもお姉ちゃん」の近藤(いわゆる姉近藤)、月属性「おいしいもの日和」の近藤(いわゆるケバブ近藤)、花属性「不安も安らぐ笑顔」(水着近藤)が強力です。

まさにパワーの近藤一族、という感じですが、ベンチに置いて発動するのは姉近藤と水着近藤。HR率バフを持つ近藤もいますし、キャッチャーの枠には1人しか置けないので誰を置くか考えどころです。

近藤以外では、岩城一族もいます。球春祭で最近登場した月属性「応援団長ここに在り」の岩城、イベント産SR「海原に響く声援」の岩城もパワー全体バフを持っています。私はスタメンに浴衣の岩城を使っていますが、こちらはミート全体バフなのでホームランの貢献度はそこまで高くないようです。

近藤・岩城以外では、正月限定のSSR月島さんがパワー全体バフ&FB革命持ちでいいですね。コラボ限定ですが、SSRのキズナアイや、パリーグコラボのSRともっちなどもいます。SRともっちはあまり話題にも上がらず使ってるのも見かけませんが、セカンドスタメン時に確率で発動するパワー全体バフがあります。確率発動ではありますが、それなりに効果が大きいのであるとないとでは結果が変わってくるかと思います。

私は手持ちの関係で全体バフ持ちの近藤やキズナアイは使えず、岩城一族とSRともっちを使用しています。

スポンサーリンク

打撃成績を見て

編成の解説が長くなってしまいましたが、ここからは打撃成績を見て振り返っていきたいと思います。

ホームランイベントを周回してアプリ内に記録される打撃結果で、ふつうは直近100試合までしか集計できないのですが集計したあとさらに100試合やって200試合分の結果を合計して集計しました。

画像見づらかったらすみません。
Excelを見せるときは罫線くらい引け!って感じですね。

選手ごとの比較のためにミート・パワーを乗せています。この数値は調子の補正やスキル・全体バフ・チームスキルなどの補正を含めた概算の値です。スキルの効果量は公表されていないのでざっくりとしたものなので多少誤差を含みます。

全体的にパワーが高いほどHR率が上がっていますが、HR率バフがある選手についてはさらにHR率が高くなっています。

HR率バフの欄は*の数で「わずかに」が1、無印が2、「大幅に」が3で表現しています。条件付きのものはカッコに入れています(いずれも発動確率は低いので無視していいレベルです)。HR率は*ひとつにつき1%といいたいところですが、そんなに単純ではないかもです。いずれにしても見てわかるくらいにはHR率バフの影響は現れていると思います。

HR率バフが高い選手は特に打ちますし、全体パワーバフを入れていれば特に打力に優れたわけでもないSRともっちや打撃スキルのない投手もそれなりには打つようになります。

HR率スキルがないとはいえ、打力が高いはずの浴衣岩城があまり振るわなかったのはちょっと不思議ですね。偏見だと思いますが、岩城ってなんとなくこういうとこあるよなあ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする